pengetahuan ブログトップ

(^_-)-☆Solid state battery, Bateri masadepan sudah di depan mata! [pengetahuan]

 5442 固体電池、未来のバッテリーが見えてきました!Solid seate battery,Baterai masa depan sudah di depan mata !

https://www.youtube.com/watch?v=JnpLrn00tm8
ev-mobil.jpg
AA1eudw6.jpeg
Toyota Kembangkan Baterai BEV Yang Bisa Tempuh 1.200 Km, Kapan Rilis?
トヨタ、1200km走行可能なBEV用バッテリーを開発、いつ発売?
Selain mengumumkan pabrik kendaraan listrik yang mulai beroperasi pada 2026, Toyota mengungkapkan informasi terbaru tentang baterai yang sedang dikembangkan. Yaitu empat tipe baterai mobil listrik, termasuk tiga dengan teknologi baterai elektrolit cair dan satu tipe baterai solid-state.
トヨタは2026年に稼働予定の電気自動車工場を発表したほか、開発中の電池に関する最新情報も明らかにした。 つまり、電気自動車用バッテリーは 4 種類あり、そのうち 3 種類は液体電解質電池技術を採用しており、1 種類は全固体電池です。
Tiga baterai elektrolit cair
Tiga jenis baterai utama yang sedang dikembangkan disebut dengan nama Performance, Populrization, dan High-Performance. Baterai Performance yang akan diluncurkan pada tahun 2026 mendatang direncanakan memiliki daya tempuh hingga 800 kilometer dengan bantuan peningkatan aerodinamika dan mengurangi bobot kendaraan.
3つの液体電解質バッテリー
開発されているバッテリーの主なタイプは、高性能、普及、高性能の 3 種類です。 2026年に発売されるパフォーマンスバッテリーは、空力の改善と車両重量の軽減により、最大800キロメートルの航続距離を持つことが計画されている。
Baterai jenis Performance juga diharapkan menawarkan biaya produksi sebesar 20% dibandingkan dengan SUV listrik Toyota bZ4X yang kini dipasarkan. Termasuk meningkatkan waktu pengisian cepat 10% hingga 80% hanya dalam waktu kurang dari 20 menit.
また、パフォーマンスタイプのバッテリーは、現在市販されているトヨタbZ4X電気SUVと比較して、生産コストが20%になると予想されています。 20 分弱で 10% から 80% まで高速充電時間が増加します。
Teknologi baterai yang sedang dikembangkan Toyota
トヨタが開発する電池技術
Baterai Popularization dengan bahan kimia lithium iron phosphate (LFP) atau litium besin fosfat dipersiapkan untuk model yang lebih murah. Dibangun menggunakan teknologi bipolar untuk baterai nikel metal-hydride (NiMH), baterai ini akan dirilis ke pasar pada 2026-2027.
安価なモデルには、リン酸鉄リチウム (LFP) またはリン酸鉄リチウム化学を使用した普及バッテリーが用意されています。 ニッケル水素(NiMH)電池のバイポーラ技術を使用して構築されたこれらの電池は、2026年から2027年に市場に発売される予定です。
Baterai jenis ini menawarkan peningkatan jarak berkendara sebesar 20% dibandingkan bZ4X dan mengurangi biaya produksi sebesar 40% dibandingkan SUV listrik saat ini. Baterai Popularization juga memiliki waktu pengisian 80% dalam waktu kurang dari 30 menit.
このタイプのバッテリーは、bZ4X と比較して航続距離が 20% 増加し、現在の電気 SUV と比較して生産コストが 40% 削減されます。 Popularization バッテリーの 80% の充電時間は 30 分以内です。
Sementara baterai elektrolit ketiga yaitu High-Performance menggunakan bahan lithium-ion dengan katoda nikel tinggi dengan daya jangkau lebih dari 1.000 km. Toyota mengharapkan ada pengurangan biaya produksi sebesar 10% dan waktu pengisian cepat 80% kurang 20 menit. Baterai jenis ini dipersiapkan debut tahun 2027-2028.
一方、3 番目の電解質バッテリー、つまりハイパフォーマンスは、高ニッケル正極を備えたリチウムイオン材料を使用しており、航続距離は 1,000 km 以上です。 トヨタは、生産コストが10%削減され、80%の急速充電時間が20分未満になると予想している。 このタイプのバッテリーは、2027年から2028年にデビューする予定です。
baterai-toyota.jpg
solid state.jpg
Baterai solid-state
Beralih ke baterai jenis solid-state, Toyota mengkalaim telah memiliki terobosan dengan membuat elektrolit padat yang memungkinkan pergerakan ion lebih cepat serta memiliki toleransi terhadap tekanan dan suhu tinggi yang lebih besar.
全固体電池
トヨタは全固体電池に切り替え、より速いイオン移動を可能にし、高圧や高温に対する耐性がより高い固体電解質を作ることで画期的な進歩を遂げたと主張している。
Ini membuat baterai cocok untuk pengisian dan pengosongan cepat, termasuk menyalurkan daya dalam bentuk baterai yang lebih kecil. Baterai jenis ini diharapkan akan dijual pada tahun 2027-2028 untuk mobil listrik generasi terbaru Toyota.
これにより、バッテリーは、より小型のバッテリー形式で電力を供給するなど、高速充電および放電に適したものになります。 このタイプのバッテリーは、トヨタの最新世代の電気自動車用に2027年から2028年に販売される予定です。
Baterai solid state kini digunakan untuk model generasi terbaru
最新世代モデルには全固体電池が使用されるようになりました
Toyota mengungkapkan bahwa baterai solid-state pertamanya meningkatkan daya jangkau sebesar 20%, menjadi 100 kilometer dengan waktu pengisian cepat 10-80% kurang dari 10 menit. Dengan spesifikasi tinggi, daya jangkau bisa ditingkatkan menjadi 1.200 kilometer.
トヨタは、同社初の全固体電池により、10~80%の急速充電時間が10分未満で航続距離が20%伸び、100キロメートルに達すると発表した。 ハイスペックであれば航続距離は1200キロメートルまで伸びる。
Selain meningkatkan daya jangkau, Toyota juga sedang mengembangkan pengurangan tinggi baterai mobil listrik dari 150 mm yang digunakan bZ4X menjadi 120 mm. Bahkan untuk mobil sport listrik, tinggi baterai bisa menjadi 100 mm untuk mengurangi ketinggian kendaraan dan meningkatkan aerodinamika mobil.
航続距離の延長とは別に、トヨタは電気自動車のバッテリーの高さをbZ4Xで使用されている150mmから120mmに縮小する開発も進めている。 電気スポーツカーの場合でも、バッテリーの高さを 100 mm にすることで、車高を低くし、車の空力特性を向上させることができます。

私のコメント Komentar Saya

ジャカルタより最低賃金が高いブカシやカラワン地域に立地し、高額納税をしているトヨタなど日系企業を無視して、模倣国家に多額の借金をして、アンチカーボンニュートラルの企業を誘致しているインドネシアの今のリーダー。大丈夫かな、インドネシアの行政者は間違った知識を持っている。
Indonesia menarik perusahaan-perusahaan yang anti-karbon-netral dengan meminjam sejumlah besar uang dari negara-negara peniru, mengabaikan perusahaan-perusahaan Jepang seperti Toyota, yang berlokasi di wilayah Bekasi dan Karawang yang upah minimumnya lebih tinggi dari Jakarta dan membayar pajak yang tinggi. Kira-kira apa tidak apa-apa, Pengurus Indonesia mempunyai pengetahuan yang salah.
高速鉄道も、日系企業に頼んでいれば、MRTのように、何の問題もなくできていただろうに、中国に頼んでできたものに、いくつかの課題や問題があるが、今後に生かそうと、呑気なことを言っている。
Jika mengandalkan perusahaan Jepang untuk membangun keret cepat, akan sudah mampu membangunnya tanpa masalah, sama seperti yang kita lakukan pada MRT. Namun, presiden berkata, ``Ada beberapa permasalahan dan permasalahan pada KCJB yang tercipta dengan mengandalkan China, namun ke depannya akan kami manfaatkan.''
今後に生かすなら、KCJBにこだわらずに、スラバヤまでの高速鉄道を日系企業に頼みなさい。新しい提案をしてもらえるでしょう。
Jika ingin memanfaatkan kegagalan Anda sebaik-baiknya di masa depan, abaikan saja KCJB dan mintalah Jepang untuk membangun kereta api berkecepatan tinggi ke Surabaya. akan dikasih saran baru.

誘われて、断り切れず、寒い中のゴルフ。静岡カントゥリー、袋井コースだった。行きは、焼津インターから入り、袋井インターで降り1時間弱で着いた。
DSC04499.JPG
DSC04501.JPG
東名の高架の下を過ぎれば、到着だった。久しぶりに仲間と再会。但し、一人の方は、昨日の雨でコース内にカートが入れないと聞かされ、帰ってしまった。もう一人、前半だけ回って止めてしまった人もいた。
DSC04508.JPG
DSC04513.JPG
DSC04519.JPG
30度を超える中でやっていた私が、10度の中では、震え上がりながらのゴルフ、ヤシやマンゴや火炎樹から松やドングリやモミジに代わっていた。

DSC04532.JPG
帰りは、バイパスで1時間半かかった。汗もかかず、風呂にも入らず帰って来た。ハーフで食事休憩を取らされるので、帰宅は15時を回っていた。  
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
pengetahuan ブログトップ